二会とは、

二会(にかい)は2008年から開催している、名古屋で月2,3回やっている読書会です。毎回およそ5,6人程度で開催しています。

二会について

二会は名古屋で2008年10月にはじめた読書会です。一時は東京にも支部がありましたが、今は東京は休会中で名古屋でのみやっています。

名古屋では、月2,3回(第2,第4,第5)土曜日の朝に読書会をやっています。主に藤が丘にある主催者の事務所(教室)で開催をしており、参加費などは無料です。(喫茶店などでやる時は実費)

読書会は課題本形式で行っており、あらかじめ決められた本を事前に読んでから、当日の感想などをディスカッションする形式です。

なお、参加者はそれぞれの専門家ではなく、それらの読書を通じて勉強をしていくというスタイルです。専門的なディスカッションを求める方や講義的なものを求める方は、別の集まりやセミナーなどをお探しいただくほうがいいと思います。

二会のテーマとコンセプト

二会は、「科学と哲学の間」をキーワードに、「我々はどこから来たか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか」をテーマにした、読書力の強化と自己啓発を目的とした読書会です。

もちろん、自己啓発といっても過去の課題本を見ればわかるように、いわゆる「自己啓発書」的な自己啓発でなく、文字通りの自己啓発を「読書力を高め、自ら考えて、新しい知識を得る」ことで目指しています。

連絡先

ご興味のある方は やまざき@yamazaki-shinji.comまで電子メールでお問い合わせください。なお件名が英語のみの場合はスパムとして処理しますのでご注意ください。

今後の課題本

今後の予定
2023年03月25日 ジョセフ・ヒース著 「啓蒙思想2.0」
2023年03月11日 吉田伸夫著 「時間はどこから来て、なぜ流れるのか?」 講談社ブルーバックス
2023年02月25日 マーク・チャンギージー著 「〈脳と文明〉の暗号」 ハヤカワ文庫NF
2023年02月11日 ヤコブ・ホーヴィ著 「予測する心」
2023年01月28日 カンタン・メイヤスー著 「有限性の後で:偶然性の必然性についての試論」
2023年01月14日 ロバート・スキデルスキー他著 「じゅうぶん豊かで、貧しい社会─理念なき資本主義の末路」 ちくま学芸文庫
2022年12月24日 ケネス・J・ガーゲン,メアリー・ガーゲン著 「現実はいつも対話から生まれる」
2022年12月10日 ティム・ニューバーン著 「サイエンス超簡潔講座犯罪学」
2022年11月26日 ソール・A・クリプキ著 「ウィトゲンシュタインのパラドックス─規則・私的言語・他人の心」 ちくま学芸文庫
2022年11月12日 岡村定矩他著 「すべての人の天文学」
2022年10月22日 ジョージ・バークリー著 「人知原理論」 ちくま学芸文庫
2022年10月08日 幸田正典著 「魚にも自分がわかる――動物認知研究の最先端」 ちくま新書
課題本検索